併用してはいけない薬|即効性に定評有り、レビトラでED治療を行おう

即効性に定評有り、レビトラでED治療を行おう


併用してはいけない薬

「併用してはいけない薬」のイメージです。

今世界中で処方・販売されている医薬品には「併用禁忌薬」と言うものが存在している医薬品があります。
この併用禁忌薬というのは、併用……つまり、同時に使用してはいけない医薬品の事で、もしこの併用禁忌薬が存在している薬と、その薬に対しての併用禁忌薬を同時に服用してしまうと、最悪の場合命を落とす可能性があるのです。
なので、薬を服用する際には必ずこの併用禁忌薬と言うものについて知り、注意しながら服用していく必要があるのですが、実はレビトラを含めED治療薬にも併用禁忌薬というものが存在しているのです。

その併用禁忌薬というのは、硝酸剤と呼ばれる医薬品です
硝酸剤、と聞くと多くの人がどのような薬かわからない、という風に答えると思いますが、最も有名な物に狭心症治療などに使用されるニトログリセリンと呼ばれる医薬品があります。
このニトログリセリンというのは、血管を拡張させる作用があり、その効果によって狭心症の症状が治療できるのですが、その際、ある現象が発生します。
その現象というのは「血圧の低下」です。

血管が広がる事によって、今までよりも低い圧力で血液が流れるようになるので、血管が広がる際には自然と血圧が経過するのですが、実はED治療薬にも血管拡張と血圧低下作用があります。
そのため、これらの薬を同時に服用してしまうと、過剰な血管の拡張による血圧の異常低下が発生し、その結果生命活動の維持に最低限必要な血圧の値を下回ってしまう可能性があるのです。
その状態が長時間継続すると、そのまま命を落としてしまう可能性もあるので、もしED治療薬を服用するのであれば、絶対に硝酸剤やニトログリセリンのような薬と併用しないようにしましょう。

© 即効性に定評有り、レビトラでED治療を行おう